プラスぎょうざ

餃子

小麦粉やそば粉などの粉で作られた皮に、野菜や肉を使ったアンを包むだけの簡単な料理ですが、その香りや見た目はどれも食欲をそそります。主食になるべき皮と、おかずになるアンが一つになった「餃子」は、それだけで完成された一つの料理といえるかもしれませんね。

「ぎょうざ」の全て

当サイトでは歴史や手作り餃子の作り方、気になる口臭対策、世界各国のギョーザについてなど様々な情報を公開しています。

餃子の基礎知識

ギョーザ世界中で様々なギョウザが親しまれていることをとっても、ぎょうざの持つ魅力が人々をひきつけてやまないことがよくわかります。世界中を見てみると一つの国の中でも様々な種類のぎょうざが食べられています。日本では臭いの気になる食べ物として、食べるときのマナーやエチケットを気にしている人も多いのではないでしょうか。しかし、ギョウザには食べ方にも作り方にも決まりはありません。臭いが気になるなら、臭いの気にならないものを作ればいいんです! 食べた後にも臭い対策をしておけば、より万全でギョーザを楽しめますよ。





手作り餃子の作り方

各国の様々な種類のギョウザには、それぞれの調理方法があり、またそれに適した皮が使われています。家庭で皮から作るのはちょっと大変、と思うかもしれませんが、一回に沢山作って、小分けにして冷凍しておけばいつでも使うことが出来ます。冷凍した皮は自然解凍して使うのがお勧めですが、アンを冷凍する際には電子レンジを使って解凍してもかまいません。包むときには会話も弾みますから、家族みんなで分担して作ってみるととっても楽しいですよ。





本場中国餃子のレシピ

中国でギョウザが発展したのは、寒い地域では小麦が主食になっていたことと、ギョウザがそれだけで医食同源に適っているということが大きな要因だったようです。調理方法も様々で、季節に合わせた食材を作った数え切れない種類のぎょうざがあるということは、食べることと健康を一緒に考えてきた国ならではといえます。見た目にもこだわった鮮やかな点心、つやつやの皮の水餃子、考えただけでお腹が減ってきますね。




日本の餃子のレシピ

日本でギョウザが食べられるようになったのはそんなに昔のことではありませんが、今ではもう日本人には欠かせないメニューの一つです。日本各地には特徴を持った語当地ギョウザや行列が出来るほど人気の高い専門店も沢山あります。食べ方や作り方にもこだわりを持っている人が多いですよね。特に人気の高い羽根つきギョウザや、市販の皮を使ってもパリッとジューシーに焼き上げるためのコツなどを知っておくと、家庭でも専門店の味が味わえるかもしれませんよ。





その他の国の餃子レシピ

日本人にとっても欠かせない家庭料理ですが、世界の国々を見てみるとやはり一般的な家庭料理や行事の際の特別な料理として沢山の人々に親しまれているものばかりです。普段私たちが食べているギョウザとは、一味も蓋味も違うものが沢山ありますが、よくよく見てみるとやはり皮とアンを使っていることには変わり無いんですよね。手作りでも簡単に外国の定番メニューが作れてしまうぎょうざで、世界の味を体験してみましょう!