プラスぎょうざ

餃子の歴史

餃子の歴史

中国では起源前から食べられていたのですが、日本でギョウザが食べられるようになったのは100年ほど前からです。日本人の食文化にも相性が良く、現在では各地に餃子の名所や目移転が次々に生まれています。現在では生のギョウザから焼いて作る焼餃子は日本のぎょうざとして海外でも知られるようになりました。


餃子の始まり

中華料理というイメージが強いギョウザですが、他の国々にも同じような食べ物が沢山あります。日本での歴史はまだまだ新しいものですが、世界的には大変古い歴史を持つ食べ物です。

起源

ぎょうざの起源は中国といわれていますが、同じように小麦粉の皮に具を包んで加熱した食べ物は東南アジアのほうでも古くから食べられていたといわれています。中国では、紀元前600年頃の遺跡からギョウザらしき食べ物の痕跡が見つかっていますが、小麦粉を使い中に具となる食材を包み込んだ食べ物が古代メソポタミア文明の遺跡から見つかっています。そう考えると紀元前3000年頃にはギョウザの起源となる食べ物が食べられていて、それがシルクロードを伝わってインドや中国などで発展して、近隣諸国へ伝わったと考えられます。

日本の餃子文化

今ではすっかり一般的な食べ物になっているギョウザですが、日本で食べられるようになったのは昭和初期と意外に新しい食べ物です。中国へ渡っていた日本人が慣れ親しんだ水ギョウザを故郷の宇都宮に伝えたのが始まりだといわれています。中国ではゆでた水餃子の残りを焼いて食べたのが焼き餃子ですが、日本に伝わってからは、生の餃子をそのまま焼いて食べるようになり現在の焼ぎょうざのスタイルが出来上がりました。また、同じ時期に日本国内に中華街が出来始めたことから色々な種類のギョウザが日本に伝わり、神戸や福岡などでは地域に密着した独自のスタイルが出来上がりました。

餃子とは

名前の由来

餃子は中国語で「ジャオズ」と発音します。アクセントが少し違いますが子供を授かるという意味の「交子」と同じ発音であることから大変縁起の良い食べ物として扱われてきました。日本の「ギョウザ」は、中国での焼き餃子「鍋貼」の発音「(グ)ゥオ・テイ」と水餃子や蒸し餃子に使われる「ジャオズ」が混ざって「ギョウザ」になったようです。

形の由来

三日月のような半円形をしているギョウザが多いのは、中国で使われていたお金が半円形だったことが由来しています。お正月などに食べる料理として昔から食べられている食べ物なので福を呼び込む縁起の良い形で作られていました。また、丸い形や巾着のような形になっているものが多いのも、昔のお金と同じように縁起のよい円やお財布、桃の形をかたどったもので、餃子が毎日の生活に密着している食べ物だということがわかります。

地域でそれぞれ違う文化

中国でも地域によって食べられているぎょうざのスタイルが全く違っています。
米が取れにくい北の地域では、生地の厚い水餃子が主食として毎日食べられていますが南の地域では、一口サイズに作った小さな蒸しギョウザやスープ餃子「小餃子(シャオジャオズ)」を軽食やおやつとして食べるのが一般的です。
また、日本でも炭鉱が盛んだった福岡では、スタミナの付くようなニンニクがたっぷり入ったタイプが、中華街の近く神戸では独特の焼ギョウザ専門店が有名です。