プラスぎょうざ

餃子の種類

種類

日本でも定番となったギョウザには、焼いたり蒸したりゆでたりという方法のほかにも色々な調理方法があります。調理方法やぎょうざの種類に合わせて、特徴の違う食材を使ったアンや、厚さや大きさ、原料の違う皮を使い分けているんですよ。


定番餃子の種類

日本でもおなじみの調理方法で作られる餃子。日本では焼きギョウザが定番ですが、パリッとふっくら焼き上げるのにはコツがいりますよね。

水餃子

中国で最も昔から食べられていたギョウザといえば水餃子です。中国の北部の地域が本場で、大きく別けると年越しや新年などに食べられる行事食のぎょうざと、米が取れにくい地域の主食としての2種類があります。一般的な家庭料理として食べられる水餃子は、小麦粉や米粉を練って作った皮に、季節の野菜を使った具を1〜2種類入れてゆでて、自家製のタレなどをつけていただきます。油を使わないためヘルシーで、シンプルな素材の味を楽しめます。

水餃子のレシピ


焼き餃子

日本で一番なじみがあるぎょうざは、蒸し焼きにしたタイプですよね。焼いて作るギョウザは、日本や中国以外の色々な国の料理として親しまれているものが沢山あります。そんな中には、日本のように蒸し焼きではなく、専用の鍋でかりっと焼き上げたり、油を多めに使ってあげるような感覚で焼いて作るタイプもあります。

中国式焼き餃子のレシピ

日本式焼き餃子のレシピ


蒸し餃子

蒸篭や鍋を使い、沸騰させたお湯の蒸気を使ってギョウザを蒸し上げます。水蒸気の熱で加熱するので、ふっくらとした食感になり、過熱することで型崩れしにくく調理できるのも特徴です。そのため、色とりどりの食材を使い、繊細で美しい形や彩の小さな点心に多く使われています。また、焼きギョウザでも水を加えて蒸し揚げる調理方法が使われることが良くあります。

蒸し餃子のレシピ


変わり餃子の種類

定番の調理方法や形のほかにも色々なタイプのぎょうざがあります。食事以外にもデザートタイプのぎょうざもあります。

揚げ餃子

たっぷりの油を使い、高温でかりっと揚げるので、サクサクとした歯ごたえが楽しめるのが特徴です。揚げて作るタイプの餃子は、色々な国の郷土料理でも見かけることがあります。一般的な水餃子や焼きギョウザと同じような肉・野菜を使ったものの他に、バナナやリンゴなどのフルーツを使ったものや、あんこやサツマイモを使った甘い揚げ餃子もあります。

中国式揚げ餃子のレシピ

日本式揚げ餃子のレシピ


スープ餃子

水餃子と同じように茹でたギョウザですが、スープと一緒に食べるタイプのギョウザです。タレの変わりにコクのあるスープや具と一緒に食べますが、ワンタンとは違いしっかりとした皮を使うため食べ応えがあります。片栗粉などを使ってとろみをつけたスープにも負けないようにコシのある生地を使う事も多く、中華や輪数のスープだけでなく洋風のスープとも相性が良くアレンジしやすい餃子です。

スープ餃子のレシピ


手羽餃子

日本独自の変わり餃子といえば、手羽先を使った「手羽ギョウザ」があります。手羽先を袋状にして野菜を使った具を詰め込んで、焼いたり揚げたりして作ります。詰め込んだ部分から中身が出てこないように、バランスを考えて詰めます。中に詰めた具に手羽の味がしみこみ、反対に手羽にも野菜の風味や甘さが染み込むのでご飯のおかずとしても美味しい一品です。手羽に詰め込める食材であれば色々とアレンジすることが出来るのも魅力といえますよね。

手羽餃子のレシピ